風俗営業 デリヘル開業経営サポート

(東京・大阪・京都・名古屋その他全国対応)
業界初めての方もお任せ。デリヘル事務所物件検索(仲介先不動産屋紹介)から届出手続、
ホームページ作成、SEO対策、データベース作成まで、業界専門行政書士・社労士がサポート。
風営法他、関連する法令についてもアドバイスいたします。

■名古屋・大阪・京都で実績多数。(その他、滋賀・岐阜・兵庫など)
■東京、京都、大阪、名古屋以外でデリヘル開業を予定されている方もご遠慮なくお問い合わせ、ご相談下さい。
■デリヘル事務所が見つからない方、ご相談下さい。
■各種テンプレート用意(キャスト別報酬支払台帳・報酬支払明細書(日払い)・デリヘル顧客名簿データベース)
■各種契約書作成(雇用契約書・業務委託契約書・誓約書他)

お問合わせは075-801-3769/090-8483-9508090-8483-9508(SoftBank)/ 042-452-6477 まで、
もしくはメールにてご連絡下さい。
電話でのお問い合わせについては平日夜、もしくは土日祝日においても事務所にいる限り対応しております。
不在のときでも携帯までご遠慮なくおかけください。(~22:00)

メールでのお問い合わせ、ご相談は下記までご遠慮なくお願いします。
メールはこちらまでお願いします。
メール:sr@shi-bu.sakura.ne.jpLinkIcon

※ご利用のメールソフトによっては自動で送信されず、再度手動で送信しなければならない場合があります。
数日経過しても返信がない場合、メールソフトで送信済であるかお確かめ願います。

なお、業務については、行政書士業務、社会保険労務士業務での範囲内にて行います。

■平日夜、土日祝日でもご遠慮なくお問い合わせ下さい。(~22:00) 夜中の時間帯での相談も受け付けています。

デリヘル開業、風俗営業経営など、風営法関連許可。届出手続きにつき、ご相談下さい。

風俗営業 デリヘル開業

HOME > Column > 行政書士のつぶやき 風俗営業・デリヘル 許可届出手続き(風営法・業界に精通した行政書士・社労士による開業経営サポート) updated 2017-11-10

行政書士のつぶやき[風俗営業許可申請手続の実情]

 クラブやラウンジなど、風俗営業許可申請については、同業者(行政書士)からも問い合せがくることがあります。行政書士の業務は多岐にわたり、依頼されて初めてその種の業務をこなすという場合もあります。そんなときは、書籍やネットで情報を集め、さらには市役所や県庁など、各関係機関に問い合わせるなどして業務をこなしていきます。


 ところが、風俗営業に限っては、書籍やネットでは思うように情報を集めることができません。図面の作成においても、求積図はどのようにしたらいいか。そもそも求積図って何? 音響や照明に関する書類の提出にしても、具体的にはどうしたらいいのか? 書き込む文言は?
 それでもなんとか、情報を集めることができたとしましょう。いざ申請へ。さて、ここで直面するのが、添付に必要な書類や記載方法が、書籍やネットで集めた情報と違うことです。特にネットにおいては、必ずしも正しい情報が記載されているとは限りません。また、必要な書類や記載方法は、各都道府県や管轄によって微妙に異なることもあります。

 そこで、求められるのが「業界に精通した行政書士」というわけです。聞いたところでは、行政書士へ手続を依頼したものの、1か月以上経ってから「ウチでは無理」と突き返され、再度別の行政書士へ依頼したというひどい話もあります。
 ただ、正直に言えば、「業界に精通しているはずの行政書士」でも、初めての管轄であったり、他府県での申請ともなると、追加種類の提出や書類の補正を余儀なくされることもあります。プロでも戸惑うことさえあるのが、風俗営業許可申請手続の実情です。