麻雀屋 開業

HOME > その他業務各種-1 風俗営業・デリヘル 許可届出手続き(風営法・業界に精通した行政書士・社労士による開業経営サポート) updated 2017-09-19

かって、おそらく僕はこの業種を扱う関西での第一人者であった。そして、京都から東京へ。僕はまた勝負する。

デリヘル開業、風俗営業許可申請手続きなど、ご相談下さい。

例えば僕は、店をたたむときの寂しさを知っている。(かって、祇園の片隅で)

デリヘル開業届出書き方見本(有償)デリヘル開業届 書き方見本 ひな型小さな経営 お金をかけないデリヘル経営 デリヘル開業 小さな経営 金をかけない経営

「先生のシステム、そっくり真似されてますよ」と、あるお客さんが教えてくれた。
「別にいいですよ。所詮はニセモノ、たいしたことないですから」と僕。
届出の手続きだけなら誰でもできる。けど、違いが出るのは、開業後の実務的アドバイス。開業者においても、開業するのが目的ではないのは言うまでもないこと。
僕は開業後の話もしたい。たっぷり、たっぷりと。

お問合わせは075-801-3769/090-8483-9508090-8483-9508(SoftBank)/ 042-452-6477 まで、
もしくはメールにてご連絡下さい。
電話でのお問い合わせについては平日夜、もしくは土日祝日においても事務所にいる限り対応しております。
不在のときでも携帯までご遠慮なくおかけください。(~22:00)

メールでのお問い合わせ、ご相談は下記までご遠慮なくお願いします。
メールはこちらまでお願いします。
メール:sr@shi-bu.sakura.ne.jpLinkIcon

※ご利用のメールソフトによっては自動で送信されず、再度手動で送信しなければならない場合があります。
数日経過しても返信がない場合、メールソフトで送信済であるかお確かめ願います。

なお、業務については、行政書士業務、社会保険労務士業務での範囲内にて行います。

■平日夜、土日祝日でもご遠慮なくお問い合わせ下さい。(~22:00) 夜中の時間帯での相談も受け付けています。

デリヘル開業、風俗営業経営など、風営法関連許可。届出手続きにつき、ご相談下さい。

マージャン屋 開業

麻雀店開業手続

 麻雀店(マージャン店)の開業にあたっては、風俗営業の許可が必要です。なお、風俗営業許可申請にあたっては、許可申請書の他、以下の書類が必要です(個人の場合)。

・営業の方法を記載した書類
・営業所の使用について権原を有することを疎明する書類(使用承諾書・建物賃貸借契約書)
・全部事項証明書
・住民票
・身分証明書(本籍地の市区町村長発行)
・法務局登記官の発行する登記されていないことの証明書
・営業所の平面図(照明設備・音響設備含む)及び営業所の周囲の略図(2500分の1)
・麻雀卓、イスの配置図および平面図、立体図
・求積図
・飲食店営業許可証の写し(飲食を伴う場合)
・写真(管理者証用)2枚
・誓約書

※その他、営業所の登記簿謄本、建築確認書、用途地域証明書、取下げに関して異議申立てしない誓約書などが必要な場合もあります。詳細はお問い合わせ下さい。

出会い系サイト

出会い系サイト規制法が改正されます(届出が義務になります)


■出会い系サイト規制法 法改正方針

 警視庁は現行の「出会い系サイト規制法」を改正し、サイト運営者に都道府県公安委員会への届出を義務づけ、怠った場合は罰則を科す規定を盛り込む方針を明らかにした(改正案は3月の通常国会提出予定)。

 現行法(2003年9月施行)では、18歳未満が児童売春を持ちかけるような書き込むをすることなどを禁止しており、サイト運営者にも利用者の年齢確認を義務づけている。しかし、サイトを介した児童買春などは後を絶たず、年齢確認が不十分なサイトも少なくない。さらに事件発覚前ではプロバイダーの捜査協力が得られにくく、サイト運営者を特定できないのが現状。そこで届出制にすることで、サイト運営者への指導を強化するのが目的。

 また、利用者の年齢確認は自主申告を認めず、クレジットカードを使用して課金するなど、実効性のある方法を取るように定め、18歳未満が売春行為を持ちかけるような書き込みなどは、サイト運営者に削除を義務づける規定も明文化する予定。

 なお、届出義務違反の罰則は懲役6月以下程度を検討。年齢確認や削除義務を怠った場合、是正命令や業務停止命令の対象とする。(2008年1月17日)


■出会い系サイト規制法改正案閣議決定

 政府は出会い系サイトの運営業者に対し、都道府県公安委員会への届出を罰則付きで義務づけることなどを柱とする、出会い系サイト規制法改正案を閣議決定した。

 改正法案では、大人が児童を誘ったり、児童が異性を誘ったりする書き込みの削除も義務とし、違反を繰り返した場合には是正命令、事業停止命令の行政処分を科す。また、暴力団などの欠格事由を設ける、フィルタリングソフトの積極的な利用を努力義務として課すことなども盛り込まれている。(2008年2月29日)