風俗営業 デリヘル開業経営サポート

(東京・大阪・京都・名古屋その他全国対応)
業界初めての方もお任せ。デリヘル事務所物件検索(仲介先不動産屋紹介)から届出手続、
ホームページ作成、SEO対策、データベース作成まで、業界専門行政書士・社労士がサポート。
風営法他、関連する法令についてもアドバイスいたします。

■名古屋・大阪・京都で実績多数。(その他、滋賀・岐阜・兵庫など)
■東京、京都、大阪、名古屋以外でデリヘル開業を予定されている方もご遠慮なくお問い合わせ、ご相談下さい。
■デリヘル事務所が見つからない方、ご相談下さい。
■各種テンプレート用意(キャスト別報酬支払台帳・報酬支払明細書(日払い)・デリヘル顧客名簿データベース)
■各種契約書作成(雇用契約書・業務委託契約書・誓約書他)

お問合わせは075-801-3769/090-8483-9508090-8483-9508(SoftBank)/ 042-452-6477 まで、
もしくはメールにてご連絡下さい。
電話でのお問い合わせについては平日夜、もしくは土日祝日においても事務所にいる限り対応しております。
不在のときでも携帯までご遠慮なくおかけください。(~22:00)

メールでのお問い合わせ、ご相談は下記までご遠慮なくお願いします。
メールはこちらまでお願いします。
メール:sr@shi-bu.sakura.ne.jpLinkIcon

※ご利用のメールソフトによっては自動で送信されず、再度手動で送信しなければならない場合があります。
数日経過しても返信がない場合、メールソフトで送信済であるかお確かめ願います。

なお、業務については、行政書士業務、社会保険労務士業務での範囲内にて行います。

■平日夜、土日祝日でもご遠慮なくお問い合わせ下さい。(~22:00) 夜中の時間帯での相談も受け付けています。

デリヘル開業、風俗営業経営など、風営法関連許可。届出手続きにつき、ご相談下さい。

風俗営業 デリヘル開業

HOME > Column > デリはけっして軽くない 風俗営業・デリヘル 許可届出手続き(風営法・業界に精通した行政書士・社労士による開業経営サポート) updated 2018-04-21

デリはけっして軽くない

 こんなこと書くべきことではないとわかっていながら、書きたい衝動を抑えきれず、なぐり書きをするままに。

 デリヘルの届出手続を得意げに話す同業者を見て、不快に思った。まず、彼には理念がない。独身の彼は風俗遊びが好きらしい。その延長で業務としてデリヘルの届出を扱っている。
 僕の理念は、口癖のひとつでもある「世界は表もあれば裏もある」。世の中、ハローワークで紹介されている仕事には就けない人もいる。男も女も含めて、デリで働かざるをえない理由がある人は、デリで働けばいい。ただし、働く理由のない人、働く理由のなくなった人は、デリで働くべきではない。

 僕は行政書士を始める以前から関西圏内の風俗店の経営者や店長と付き合ってきた。以下、少々余談。
「店に顔を出すと、いつも『これ、お車代です』と、お金をもらっていた。夏冬にはお中元とお歳暮が届いた。ある店はカルピスセット、ある店は高級缶ジュースの詰め合わせ、またある店は、ビール券を束で…」
 こう話すと、「用心棒でもやてたんですか」と聞かれる。もちろん、けっしてそんなわけはなく、そもそも僕は背が高いわけでもなく、むしろケンカには弱そうな少々メタボでひ弱な中年男性。

 そして、仕事で店に入るときは、入口がひとつしかない店はともかく、お客さん用の入口とは別の裏口から入っていた。
 つまり、店の裏側も多少垣間見てきた。だから僕のサポートは届出を出したところで終了するわけではない。届出後も各種手続を要する。そもそも、開業後気をつけないといけないのは、風営法や売春防止法だけではない。他にも遵守しなければならない法律がある。また、今月からは、社会保険労務士としての立場からもサポートする(21年9月から)。

 加えて何よりも、「僕が関った店は絶対に潰させない(経済的な意味で)」といった気概を持って業務に取り組んでいる。ゆえに軽々しくデリヘル業務を扱っていると吹聴しているヤツは腹が立つ。「デリってそんなもんじゃないだろう」と思ってしまう。客の立場しか知らないヤツに限って、「そんなもん」にしか映らない。デリはけっして軽くない。

(2009.9.7)