風俗営業 デリヘル開業経営サポート

(東京・大阪・京都・名古屋その他全国対応)
業界初めての方もお任せ。デリヘル事務所物件検索(仲介先不動産屋紹介)から届出手続、
ホームページ作成、SEO対策、データベース作成まで、業界専門行政書士・社労士がサポート。
風営法他、関連する法令についてもアドバイスいたします。

■名古屋・大阪・京都で実績多数。(その他、滋賀・岐阜・兵庫など)
■東京、京都、大阪、名古屋以外でデリヘル開業を予定されている方もご遠慮なくお問い合わせ、ご相談下さい。
■デリヘル事務所が見つからない方、ご相談下さい。
■各種テンプレート用意(キャスト別報酬支払台帳・報酬支払明細書(日払い)・デリヘル顧客名簿データベース)
■各種契約書作成(雇用契約書・業務委託契約書・誓約書他)

お問合わせは075-801-3769/090-8483-9508090-8483-9508(SoftBank)/ 042-452-6477 まで、
もしくはメールにてご連絡下さい。
電話でのお問い合わせについては平日夜、もしくは土日祝日においても事務所にいる限り対応しております。
不在のときでも携帯までご遠慮なくおかけください。(~22:00)

メールでのお問い合わせ、ご相談は下記までご遠慮なくお願いします。
メールはこちらまでお願いします。
メール:sr@shi-bu.sakura.ne.jpLinkIcon

※ご利用のメールソフトによっては自動で送信されず、再度手動で送信しなければならない場合があります。
数日経過しても返信がない場合、メールソフトで送信済であるかお確かめ願います。

なお、業務については、行政書士業務、社会保険労務士業務での範囲内にて行います。

■平日夜、土日祝日でもご遠慮なくお問い合わせ下さい。(~22:00) 夜中の時間帯での相談も受け付けています。

デリヘル開業、風俗営業経営など、風営法関連許可。届出手続きにつき、ご相談下さい。

風俗営業 デリヘル開業

HOME > Column > メルマガ厳選コラム2011 風俗営業・デリヘル 許可届出手続き(風営法・業界に精通した行政書士・社労士による開業経営サポート) updated 2018-11-17

メルマガ厳選コラム2011

[厳選コラム2011-1]

最近のなぐり書きあれこれ

世の中、「チャンチャラおかしいぜ」と思うヤツで溢れている。
風俗の話をしたり顔で語るヤツもそうだろう。俺に言わせれば、チャンチャラおかしい。
そんな俺は、表のバッチと裏の生業を使い分けている。
ゆえに「おまえは偽物なんだ」と言われる始末。十分に自覚している。
ただ、それでも「チャンチャラおかしい」とまでは、
腐ってもいなければ落ちぶれてもいないと思っている。
そうでなければ、うさぎにもみるくにも、笑われてしまう。

うさぎにみるくを。

-----------------------------------

僕の事務所のホームページの記載内容を無断転載したサイトを見つけた。
いちいち目くじらを立てる気はなくとも、それが一般の人ならまだしも、
同じ法律に携わる人間であったがゆえ、情けない。
されど、僕の信念だけは真似できやしないだろう。キミは偽物だから。
間違ってもそんなところへは依頼しないよう、呪いをかけておこう。
加えてこのジャンル、舐めて扱ったら痛い目に遭うよと、釘をも刺しておこう。
偽物注意。

------------------------------------

昔、雑誌で連載していたコラムを整理してみた。
読み返してみると、あの頃、本当に楽しかったんだなと、つくづくと思う。
今はどうだろう。あの頃ほどには楽しめていないかな。
けど、この「うさぎにみるくを。」に限っては、楽しめそうな予感がするんだ。
うさぎもみるくも、実在した女。もちろん、他の女たちも。

うさぎにみるくを。

------------------------------------

遠慮なく他の同業者と比較してみてほしい。
どれだけ僕が主張しているか。どれだけ僕がメッセージを持っているか。
理解いただけるだろう。
もちろん、僕のメッセージは理屈なんかじゃない。
理屈なんかどうでもいい。理屈なんか聞きたくない。こだわるべきは肉体だろ。
なぜなら、女が絡んだ仕事だから。


[厳選コラム2011-2]

 渡された契約書。今まで見てきた契約書の中で、最も貸主に有利な内容となっていた。本来ならば、貸主の言うがままに契約する理由などありはしない。だが、他に選べる物件はない。それを知ってか知らぬか、貸主は強気な姿勢。ある地方都市でのデリヘル事務所物件事情…。

 デリヘルという商売の善し悪しはともかくとして、少なくとも眠っている間に金が入ってくるような仕事ではない。誰もが「勝負したいんです」といった気持で開業に臨んでいる。契約書を見たとき、僕は思った。「こんな街では商売しないほうがいい、勝負するのにふさわしい街ではないのではないか」と。
 クソオヤジの腹黒さには辟易する。されど負けるなよ、いや、負けてはならぬ。そう願うばかり。

 さて、ときに「頑張れ」と声をかけることが安易に思える場合もある。されど、「頑張れ」の言葉しか出てこない場合もある。「言葉なんかどうでもいい。それより気持ちだろ」と言われると、それはそれで違うと思う。言葉は大事だと思うし、また、大事にしたいから。23.3.11、それでも僕らはみんな生きている、支援の気持ちを込めて。


[厳選コラム2011-3]

「手続がうまくいかないんで、アドバイスしていただけませんか」
 一般客からではない。普段、付き合いのない府外の行政書士から問合せがあった。聞けばデリヘルの手続き、過去に一度だけしたことがあるにすぎないという。他の業務についても言えることだが、同じ業務であっても、教科書通りに手続が進むこともあれば、イレギュラーなケースで教科書通りにはいかないことも珍しくない。今回は後者のケースだったようだ。

 仕事上の失敗は、同業者にはなかなか言いづらいものだ。本人のプライドもあるだろう。だが、面識もない県外の同業者ということで、先方も恥を覚悟で電話をかけてきたのかもしれない。
 風俗営業を扱う同業者は、ここ最近増えてきたように思う。自由競争ゆえ、どうこういうつもりはないが、軽く考えていると痛い目に遭うこともある。先のケースは、物件の契約が転貸借契約であったため、必要な書類が通常とは違ったことによるもので、特に依頼者とのトラブルまでには発展しなかったが、残念ながら過去にトラブルにまで発展したケースを耳にしたのは一度や二度ではない。
 実際、「この業種を安易に考えている」と思えてしまう同業者のホームページに出くわすことが度々ある。誰かが言ってた。
「同じ行政書士、どこも仕事の能力は変わらない」
 いや、違う。僕はそうは思わない。知識の量と質が違えば、自ずと能力も変わってくる。ネットで調べればわかる知識なら、誰もが入手できる。しかし、違いが出るのは、ネットで調べてもわからないような知識、あるいは地域性によるローカルな知識の有無。

 さて、なぜこんなことを書いているか。やはりここは正直に吐露しよう。最近、ネットでの検索が下位に下っている。新規参入者に上位を取られてしまっている。僕自身、SEOにはお金をかけていない。かけるつもりもない。昨日も業者から営業の電話がかかってきたっけ。ある程度、SEOの知識も持ってはいるが、SEO競争に参加する気はない。とはいえ、検索結果が下るのは悔しいものだ。そこで腹いせとして、先のような「警告」を発しているという次第。

 そう、僕はけっして人はよくない。ただし、どちらかといえば正直な方であろう。なにしろ「まっすぐな道」だから。